きゆさだのブログ

ワイルドサイド抜け作

最近書いたもの

直近5件くらい。

転職にあわせて新年早々京都に引っ越します。丸5年近く京都のライブにばかり通い続けてきたのでやっとかという感じです。在京の皆さまもそうでない皆さまも、来年からもよろしくお願いします。

 引き続き、月1本くらいは何かしら書いていたいなという感じで細々やってます。来年からはもうちょい増やしたいです。

20191226 インタビュー:バンドでも1人でも、パレードみたいに楽しくしたい! ― さとうもか、加速する活動の手ごたえを語る

kyoto-antenna.com

久々のインタビュー。彼女が住んでおり、私の地元でもある岡山で決行しました。

実は5,6年前、おそらく大学に入りたてと思われる彼女をママ2で見たことがあります。まだ別のユニット名義で活動されていたその時に、ピンときてツイッターをフォローしたのが今につながっているわけで、何がきっかけになるかわからないものです。

そういう種まきを今年は若干サボっていた感があるので、来年の抱負はとりあえずそれを頑張っていこうとおもいます。

 

20191103 レビュー:のろしレコード『OOPTH』

turntokyo.com

久々のTURN単記事レビュー。ナチュラルボーンのガチガチ文体をやわらかくする作業を今回はあえてやらなかったんですが、それにしても固すぎかもしれない。相変わらず内容が陰気なのはどうすればいいのか……。

星めぐりの歌」引用が誰のアイデアなのか、先日のライブで折坂さんご本人に聞こうと思っていたんですが失念。大学時代本気でレポートに取り組んだ数少ない作家が宮沢賢治遠藤周作でした。

 

続きを読む

最近書いたもの

直近5件くらい。

転職にあわせて新年早々京都に引っ越します。丸5年近く京都のライブにばかり通い続けてきたのでやっとかという感じです。在京の皆さまもそうでない皆さまも、来年からもよろしくお願いします。

 引き続き、月1本くらいは何かしら書いていたいなという感じで細々やってます。来年からはもうちょい増やしたいです。

20191226 インタビュー:バンドでも1人でも、パレードみたいに楽しくしたい! ― さとうもか、加速する活動の手ごたえを語る

kyoto-antenna.com

久々のインタビュー。彼女が住んでおり、私の地元でもある岡山で決行しました。

実は5,6年前、おそらく大学に入りたてと思われる彼女をママ2で見たことがあります。まだ別のユニット名義で活動されていたその時に、ピンときてツイッターをフォローしたのが今につながっているわけで、何がきっかけになるかわからないものです。

そういう種まきを今年は若干サボっていた感があるので、来年の抱負はとりあえずそれを頑張っていこうとおもいます。

 

20191103 レビュー:のろしレコード『OOPTH』

turntokyo.com

久々のTURN単記事レビュー。ナチュラルボーンのガチガチ文体をやわらかくする作業を今回はあえてやらなかったんですが、それにしても固すぎかもしれない。相変わらず内容が陰気なのはどうすればいいのか……。

星めぐりの歌」引用が誰のアイデアなのか、先日のライブで折坂さんご本人に聞こうと思っていたんですが失念。大学時代本気でレポートに取り組んだ数少ない作家が宮沢賢治遠藤周作でした。

 

続きを読む

書いたもの履歴 201812-201906

 20181229 ライブレポート:中村佳穂『AINOU』レコ発@磔磔

kyoto-antenna.com

よく見かけるセトリやMC内容の書き取りではなく、それなりの視点を入れた考察寄りのライブレポートです。一度でも彼女のライブを見たことのある方に向け、ここ2ヶ月のAINOU祭りを受けて思うところをぶっこみました。

 

20190123 インタビュー:Sawa Angstrom

kyoto-antenna.com

ブラックミュージックを追っかけるだけが国際化ちゃうやんかという気持ちをほんのり込めて。地味に年上の方へのインタビューが初めてで、キャリア最初でない名義についてお聞きするのも初めてでした。学ぶことの大変多かった日。メンバー、スタッフ、岡安さん(アンテナ副編&フォトグラファー)、ありがとうございました。 

 

 20190520 レビュー:マック・デマルコ『Here Comes The Cowboy』

turntokyo.com

毎度お世話になりまくっている面倒見の鬼(©ワールドトリガーのような師・岡村詩野さん主宰のTURNへ初寄稿。サイトデザインもプレーンかつカッコよくて惚れます。ザ・ナショナルのインタビューの直後というちょっぴり緊張する掲載順。

 

20190619 レビュー:スカート『トワイライト』

turntokyo.com

クロスレビュードリーミー刑事さんの原稿も最高です。西のジャンゴことK2レコードで借りた2nd『ひみつ』に刺されてから早6年、はじめてきちんとしたものが書けてうれしい。白状すると、書いた時は手元に現物がなかったので「パッケージのコマが実際の漫画本のコマと同じサイズ感であること」は確信に近い推測でした。フラゲして速攻確認した。でも鶴谷さんの単行本って全部大型本だから厳密には…別にいいか…

“あること”そのものを愛でているというのは言うまでもなく私の話で(も)ある。Cravi…iTunesと共に青春を過ごしITと呼ばれる業界で4年飯を食い、それなのにSpotifyで聞ける曲をレコードで買ったり、kindleで読める本を本屋に出向いて買ったりしている。けれども実際聴いてる回数でいえばSpotifyの方が何倍も多くなってしまっている。それが持つ機能よりも“あること”自体のためにカネを払っているわけで、そこへの後ろめたさがずっとある。

2019年に彼のような立場からこのようなアルバムが出ることは、ストレートにとても大事なことだと思っています。御託抜きでも1曲目から本当に名曲で、これに励まされて辞表を書いたといっても過言ではない。

 

マチノブンカサイから

かつて私は岡山駅から一番近い大学に通っていた。ほぼ学外で活動するような軽音サークルに入り、厳正なる消去法の結果部長もやっていたので、4年間で他大学のバンドマンの友人やライブハウススタッフの知人も何人かできた。しかし、それでもあまり通うことのないまま岡山を離れてしまった場所がいくつかある。エビスヤプロ、蔭凉寺、奉還町KAMP(は私の卒業後にできたのかもしれない)、そして、マチノブンカサイを主催しているカフェ&ライブスペースの城下公会堂もその一つだ。マチノブンカサイは毎年9月頭。盆直後なのでこれまでなかなか行けずにいたがやっと行けた。無職さまさまであった。

f:id:kiyusada:20191103064844j:image

続きを読む

フジロック初参戦覚え書き・あると便利&場外設備編

これは、昨年(2018年)に私が一人で初めてフジロックに行った時の覚え書きです。

こちらはグッズ関連、そして場外の売店やATMなど設備関連の覚え書きです。後二日参戦なので2日目と3日目の記録のみ。

あくまでたった1年分の経験なので、他の年とは違うところもあるかと思いますがご容赦ください。

シリーズ記事:

フジロック初参戦覚え書き・オフィシャルツアーバス編 - きゆさだのブログ

フジロック初参戦覚え書き・オフィシャルツアー 宿編 - きゆさだのブログ

続きを読む

フジロック初参戦覚え書き・オフィシャルツアー 宿編

これは、昨年(2018年)に私が一人で初めてフジロックに行った時の覚え書きです。

オフィシャルツアーの夜行バス&宿プラン。出発地は大阪。2日目と3日目のみの後二日参戦。

一人で行く場合の宿選びフローをまとめています。いろいろ調べたり知り合いに聞いたりしたんですが、みんなどうしてんのか把握するまでちょっとかかったので。

あくまでたった1年分の記録なので、他の年や地域の路線とは違うところもあるかと思います。ご了承ください。

シリーズ記事:

フジロック初参戦覚え書き・オフィシャルツアー バス編 - きゆさだのブログ

フジロック初参戦覚え書き・あると便利&場外設備編 - きゆさだのブログ

続きを読む

フジロック初参戦覚え書き・オフィシャルツアー バス編

これは、昨年に私が一人で初めてフジロックに行った時の覚え書きです。

普段はつらつら暗い日記を書くか寄稿記事のURLを貼っ付けるかしているこのブログですが、せっかく書き溜めたのできちんと形にしようと思いました。

手段は、オフィシャルツアーの夜行バス&宿プラン。出発地は大阪。2日目と3日目のみの参戦。

あくまで大阪オンリー&たった1年分の記録なので、他の年や地域の路線とは違うところもあるかと思います。ご了承ください。

シリーズ記事:

フジロック初参戦覚え書き・オフィシャルツアー 宿編 - きゆさだのブログ

フジロック初参戦覚え書き・あると便利&場外設備編 - きゆさだのブログ

続きを読む

日記

昨日、インソールがボロボロになった靴をミスターミニットに持っていったら、それ以前に右足のつまさきの底がすりきれて大きくひび割れていたことが判明。言われるまで気づかなかった。道理で右だけ雨でぐしょぐしょになるわけだ。まだ半年しか履いてないのに。

発言小町によれば、4000円程度の靴を毎日履いていれば半年でダメになるのが普通らしい。とすれば、私は靴が数年保つのが当たり前だといつから思っていたのだろう。大学時代履いていたコンバースの感覚か、それとも親の感覚か。オトナ女子の諸先輩方は2〜5万円くらいの靴を何足か使いまわして数年保たせているらしい。中敷と靴底の間で人知れずボロボロになっていたインソールは、紙パルプを固めただけのものだった。

続きを読む